自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

エッセイ

「時間旅行者」という夢

滅びた文明を訪ねてみたい 世の中に旅行者はたくさんいるが時間旅行者はまずいない(と思う)。 もし私が時間旅行者だったら江戸末期、明治初期(1850年頃)の日本を訪ねてみたい。その時代に日本を訪れた多くの西洋人が日本の生活と日本人の印象を書きしる…

「寝かせる」という手法

村上春樹とスティーヴン・キング 「職業としての小説家」のなかで村上春樹はこう書いている。 『工場なんかの製作過程で、あるいは建築現場で、「養生」という段階があります。製品や素材を「寝かせる」ということです。ただじっと置いておいて、そこに空気…

千年の古都

除夜の鐘に湧き上がる歓声 1994年8月、京都、上賀茂神社の「平安建都1200年記念野外コンサート」で都はるみは「千年の古都」を歌った。 「♪・・ああ時は身じろぎもせず 悠久のまま 千年の古都♪」 ずいぶん前のことだが、私は中国人の女友達と一緒に…

はてなブログという選択

ヤフーブログの終了で「はてなブログ」に引っ越ししてきていつの間にか2か月以上が過ぎたので、中間報告をしておきたい。 いまだに戸惑うことはたくさんあるが「シンプルで分かりやすいブログ」を目指しているので完璧を求めるのではなく、適当なところで満…

ブロガーという長距離ランナー

ブロガーという長距離ランナー ブログとは何か・・自分はここにいると叫ぶ声ではないか。それは洞窟壁画に自分の手形を残した旧石器時代人の思いと同じようなものかもしれない。 ヤフーブログサービスが終了するので3月初めに「はてなブログ」に新しく「自…

女優という生き方

女優という生き方 今とは違って女性の仕事に制約があった時代、女優という仕事を選んだ3人の女性がいた。 「東京物語」の原節子、「雨月物語」の田中絹代、「浮雲」の高峰秀子。彼女たちの生き方と老い方にはどこか時代を超えたものがあったような気がする…

「シネマ・ヴェリテ」という映画館

「シネマ・ヴェリテ」という映画館 もしかしたら映画よりも映画館のほうが印象に残っている場合があるかもしれない。だれにでも懐かしい映画館とそこで観た映画の思い出がある。 ずいぶん前だが大阪、梅田の阪急東通りの地下のミニシアターが突然、閉館にな…