自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

太陽の中の対決 1967年

男の中の男

アメリカ マーティン・リット監督

原作はエルモア・レナードの中編「オンブレ」。短編「三時十分発ユマ行き」は二度映画化されている(3時10分、決断のとき)

f:id:hnhisa24:20201125093210j:plain

インディアンたちが野生馬を捕らえるシーンから映画は始まる。しかし駅馬車が廃止され、馬を必要としない鉄道の時代に変わろうとしていた。インディアンたちは居留地に閉じ込められ、食料がなく飢えて犬まで食べていた。

そんな1880年代のアリゾナ、子供の頃にアパッチに拉致され、彼らに育てられた白人の男ジョン・ラッセル。白人の養父が亡くなり引き継いだ下宿屋を売り払い、臨時の駅馬車で町を去っていく。

ジョンの他に御者と男女6人の乗客をのせて駅馬車は南へ向かう。乗客たちはそれぞれの思い秘めて退屈な町を去ってゆく。

f:id:hnhisa24:20201125093245j:plain

ところが途中でならず者たちの襲撃にあう。5人のならず者たちの狙いは乗客の一人がもっていた大金だった。それはインディアンの食料をごまかして得た不正なお金だった。乗客たちは山小屋に立てこもり対決する。

 

ジョン・フォード監督の「駅馬車」と少し似ているが、あれほどの疾走感はなく、襲ってくるのもインディアンではなく、白人のならず者だ。派手なアクションシーンはないが、サスペンスタッチで手堅い演出の端正な佳作だった。

 

ちなみに原作「オンブレ」ではジョン・ラッセルはメキシコ人の血が混じっており、白人であり、インディアンであり、またメキシコ人という複雑な生い立ちだった。

オンブレ(男の中の男)と呼ばれた伝説の男で、彼は野生馬を密猟、密売して暮らしていた。ハードボイルドタッチの西部劇小説でもう一度読み返してみたい。

セックスと嘘とビデオテープ 1989年

嘘をついてほしくないの

アメリカ スティーブン・ソダーバーグ監督

貞淑な妻アンは夫で弁護士のジョンと何不自由ない生活を送っていた。でも情緒不安定でどこか満たされないものがあり、精神科医のセラピーをうけていた。一方、ジョンはアンの妹シンシアと不倫関係をつづけていた。シンシアはアンと違って外交的で、美しい姉に敵愾心をもっていた。

f:id:hnhisa24:20201122085907j:plain

ジョンは大学時代の親友グレアムと10年ぶりに再会する。グレアムは大学時代とは全く違う芸術家肌の男になっていた。

アンはグレアムと一緒にアパートを探しに出かけ、カフェで会話をする。グレアムは「男は魅力を感じた人間を愛するようになるが、女は愛した人間に魅力を感じるようになる」と話し、アンはその言葉に惹かれグレアムに好意をもつ。

 

ある日、アンがグレアムのアパートを訪ねると、そこには多くの女性たちのセックス体験の告白を録画したビデオテープが大量にあった。グレアムは性的不能者だった。

f:id:hnhisa24:20201122085950j:plain

シンシアは姉のアンがグレアムに好意を持っていると思い、誘惑しようとグレアムのアパートを訪ねる。ところが大量のビデオテープをみて自分のセックスについて話し始める。

 

浮気を疑ったアンは「嘘をついてほしくないの」と言ったが、ジョンは嘘をつき続けた。

ジョンの嘘がわかりアンはグレアムを訪ね、ビデオの前で赤裸々に自分の性体験を告白する。そうすることでアンは自分自身を取り戻してゆく。

そしてグレアムにこう言って手を差しのべる「あなたも病気よ。あなたを助けたいのよ」

 

とても品のいい映画だった。1989年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作

blank13 2017年

幕間コントのおもしろさ

日本 斎藤工監督

焼き場の焼却炉から物語は始まる。高熱の炎で遺体は燃やされる。

ギャンブル好きで多額の借金をかかえた父親が突然失踪した。残された妻と二人の息子は貧しい生活ながら3人で力をあわせて生きてゆく。

13年後、父親の消息が分かった。胃がんで入院して余命3か月だという。3か月後、父親が亡くなり、葬儀が執り行われる。

家族を捨てた愚かな父親にも隠されたいい面があった、という家族の情愛物語だったが、私には合わない映画だった。

f:id:hnhisa24:20201119085358j:plain

ところがこの映画にはテイストのまったく違うシーンがあり、もうそれだけで満足した。それは葬儀会場に父親の知り合いの人々が現れ、次々と思い出を語るシーンだ。

現れたのは麻雀仲間、パチンコ店での同僚、奇術師、同じ病室だった患者、バーの若い女、ひげ面のオカマ、やくざ風の男、ペテン師に数珠を買わされた男・・誰もがどこか調子はずれで社会の落ちこぼれのようだった。

彼らはまるで落語の世界から抜け出したような奇妙な人たちで、思い出を語り始める。葬儀会場がどこか異空間のようだ。その中に13年間の父親の姿が浮かび上がってくる。

アドリブかもしれないが、役者たちの演技もじつに自然で見事だった。

f:id:hnhisa24:20201119085504j:plain

もしかしたらこの映画は喜劇で、成功者も落伍者も「燃やしてしまえば残るのは骨と灰だけ」と人生を笑い飛ばすのが本当の狙いかもしれないと思ったぐらいだ。

 

ある人は喜劇のように生き、またある人は悲劇のように生きる、同じような人生なのに。