自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

彼女が消えた浜辺 2009年

映画で貴重な異文化体験

イラン アスガー・ファルハディ監督

オープニング、狭い郵便ポスト口に次々と郵便物が入れられる。光のささない部屋からそれを見ている私たち・・閉じ込められているのか。

f:id:hnhisa24:20200528085151j:plain

セビデーは友人3家族との三泊のバカンスに保育園の先生エリを誘う。浜辺の別荘で食事をとり、ゲームやバレーボールで楽しんでいた。

ところがエリは一泊のつもりで来ていたので、帰ろうとするが、セビデーは離婚したばかりの男性アーマドとエリを結び付けたいために彼女を誘ったので引き留める。

 

浜辺で遊んでいた子どもが海で溺れてしまう。全員でなんとか救助するが、気がつくとエリが消えていた。子どもを助けようとして彼女も溺れたと思い、必死で捜すが見つからない。

その内、もしかしたら黙って帰ったのかもしれないと考え始める。救助しようとして溺れたのか、それとも無断で帰ってしまったのか分からない。一体、彼女はどこに消えたのか。その上、警察に訊かれてもだれもエリの本名を知らなかった。

f:id:hnhisa24:20200528085244j:plain

エリが消えたことで家族や夫婦の間で責任のなすりつけ合いや諍いが起こる。

彼女の携帯の通話履歴から電話すると出てきた男は兄だという。ところがその男はエリの婚約者だった。

イランでは婚約者のいる女性に男性を紹介する事は許されないことだった。

迷いに迷った末、セビデーは婚約者に嘘をつく。それはエリの女性としての名誉を汚してしまう事だった。

 

前半の会話や行動がすべて伏線になっていた。「神隠し」という言葉を思い出させる奇妙な感触のヒューマン・ミステリーだった。

 

私たちは貴重な異文化体験をする。そして次作の「別離」でさらに深く異文化を体験する事になる。

マイ・ブルーベリー・ナイツ 2007年

淡い夢をみているようだ

香港、フランス、ウォン・カーウァイ監督

 ニューヨーク、高架電車の灯りがきらめいている。失恋したエリザベスはカフェ・クルーチのオーナー、ジェレミーと親しくなる。カフェでは捨てられない男と女の想いの詰まった鍵を預かっていた。

エリザベスは売れ残ったブルーベリー・パイを食べる。ある日、彼女は恋の痛手を忘れるために旅に出る。そして旅先からジェレミーに次々と手紙を出す。

ノラ・ジョーンズの魅惑的な歌声と夜のジャズが物語のバックにながれている。

f:id:hnhisa24:20200525084721j:plain

ニューヨークから出発し、57日目にはメンフィスのバーで働いていた。バーの客でアル中の警官アーニーは別れた妻スー・リンに未練があった。ある夜、スー・リンの恋人がバーにやってくる。

f:id:hnhisa24:20200525084752j:plain

251日目にはカジノで働いていた。そこで美しい女性ギャンブラーのレスリーと知り合う。父親が危篤だと病院から電話があったが、レスリーは病院に行こうとはしなかった。彼女は「人を信じるな」と言う。

f:id:hnhisa24:20200525084812j:plain

様々な人との出会い、エリザベスはこう思う。「他人は鏡のような存在ね。自分を知るための手がかり、他人の姿に自分を映すのよ」

 

やがて300日目にニューヨークに戻ってくる。そしてカフェを訪ね、ジェレミーと再会する。「いつまでも同じ私でいたくなかったの」

彼女はカウンターに顔を伏せて眠ってしまう。唇にはブルーベリー・パイが付いている。ジェレミーはその唇に顔を寄せてゆく。

 

ノラ・ジョーンズレイチェル・ワイズナタリー・ポートマン、お気に入りの女性ばかりだ。鮮やかな色彩とロマンチックで柔らかな映像が私たちを包んでくれる。まるで淡い夢を見ているようだった。

山本周五郎の短編

江戸の町にタイムスリップ

自由がないというわけでもないが、どこか監視社会を思わせる息苦しい世の中になった。「正義の言葉」に気が滅入り、山本周五郎の短編を読み返した。

胸を切り裂かれるような哀しみや生きる力を与えてくれる人間賛歌に「真実の言葉」があった。

f:id:hnhisa24:20200522084255j:plain

「おたふく」「おせん」「落葉の隣り」「あだこ」「夕靄の中」「つゆのひぬま」「その木戸を通って」「将監さまの細道」「並木河岸」・・どれをとっても見事な短編だ。

 

「山椿」主馬は無理強いをせず、作法を重んじる男だった。だからこそ悩むことがあった。従妹の「みち」がこう言った「時には不作法が作法になることもありますわよ」

 

「野分」又三郎は侍として生きるのが嫌になり、町人になろうとしていた「世の中はどっちにまわっても苦労なものだ、それならせめて自分の生きたいように生きてみたい」

 

「将監さまの細道」の中で酌婦の「おひろ」が生きることに疲れてこう思う。

「五十年まえには、あたしはこの世に生まれていなかった。そして、五十年あとには、死んでしまって、もうこの世にはいない」 

f:id:hnhisa24:20200522084322j:plain

映画化された山本周五郎の小説はたくさんある。ヒューマニスト黒澤明監督には「赤ひげ」「どですかでん」「椿三十郎」があり、その他「青べか物語」「冷飯とおさんとちゃん」「五辨の椿」「どら平太」「雨あがる」「かあちゃん」「ひとごろし」・・・