自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

星野道夫「旅をする木」

星野は1952年千葉県市川生まれ、86年アニマ賞、90年木村伊兵衛賞受賞、96年カムチャッカにて逝去。変わりゆくアラスカを写真と文章で記録していった。

 

魅力的な33篇のエッセイ集だ。いや何よりも星野の生き方そのものがじつに魅力的なのだ。便利で快適な生活に満足する私たちとは違う価値観があり、違う豊かさがある。

星野は16歳の時、三か月間のアメリカへの旅に出た。

「ぼくが暮らしているここだけが世界ではない。さまざまな人々が、それぞれの価値観をもち、遠い異国で自分と同じ一生を生きている」

 

旅をする木」とは一羽のイスカがトウヒの木に止まり、ついばみながら落としてしまう幸運なトウヒの種子の物語、川沿いの森に根づいたトウヒの種子はいつしか一本の木に成長する・・・

「かつてハイダ族は、トーテムポールの上をくり抜いて人を埋葬していたのである。ある日、その上に偶然落ちたトウヒの種子が、人間の身体の栄養を吸収しながら根づき・・トーテムポールを養木として成長した」

 

「その入り江に、一人の世捨て人が住んでいた。たった一人で、二十二年間、リツヤベイで暮らしていた」

「痛いほどの孤独と向き合わなければならない。でも、ある時そこを突き抜けてしまうと不思議な心のバランスを得る」

 

彼は極北の自然の中で生きる野生動物、クマやオオカミなどを畏敬していた。皮肉なことに星野はクマに襲われて43歳で亡くなった。

 

「彼の人生が平均より短かったとしても、そんなことに何の意味があるだろう。大事なのは長く生きることではなく、よく生きることだ」と池澤夏樹は書いている。

アンフィニッシュ・ライフ 2005年

誰のせいでもない

アメリカ。ラッセ・ハルストレム監督

シングルマザーのジーンは11歳の娘グリフと暮らしていたが、恋人ゲイリーの暴力に耐えかねて家を出てしまう。行きあてのないジーンは亡くなった夫グリフィンの父親アイナーが住むワイオミングの牧場を10年ぶりに訪ねる。

しかしアイナーは息子の死はジーンのせいだと思っていて「何の用だ」と追い返そうとするが、グリフが自分の孫娘だと聞かされ、一か月という約束で二人が牧場で暮らすことを承知する。

 

アイナーは親友のミッチと一緒に暮らしていた。ミッチは巨大な熊に襲われて身体が不自由になり、モルヒネで痛みを抑えていた。その巨大な熊が再び町に現れ、アイナーは撃ち殺そうとするが保安官たちに捕獲されてしまう。

 

やがてDV男ゲイリーがジーンの居所を知り、連れ戻そうと町にやってくる。

グリフィンが亡くなったのも、ミッチが熊に襲われたのも「事故」だった。だから誰のせいでもなかった。檻から出された熊は山に戻ってゆき、ジーンとグリフは牧場で暮らすことになる。

 

家の前でミッチとマイナーは椅子に腰かけていた。ミッチは「空を飛ぶ夢をみた」という。その時、カメラは空高く昇ってゆき、俯瞰撮影になる。そこからはワイオミングの山々や牧場やグリフィンの墓・・美しい風景がすべて見渡せた。

 

ストーリーはそれほどユニークなものではないが、爽やかな風が吹き抜けていくような後味の良い映画だった。日本未公開作品だが私のお気に入り。

愛する時と死する時 1958年

ドイツ側から見た戦争

アメリカ、ダグラス・サーク監督

原作は「西部戦線異状なし」の著者レマルクの小説

ナチスドイツの敗色が濃くなった1944年、対ロシア戦線、ドイツ軍兵士グレーバーは3週間の休暇をもらい、故郷に帰る。

故郷は爆撃で廃墟の町になっていた。瓦礫と化したドイツの町が戦争の破壊と悲惨を伝えている。両親は行方不明だった。母の主治医だったクルーゼ医師を訪ねるが、彼はゲシュタポに連れ去られており、娘のエリザベスはゲシュタポに監視されていた。

 

グレーバーはエリザベスと恋に落ち、結婚する。やがて休暇が終わりグレーバーはロシア戦線に戻る。

主人公がドイツ軍兵士であり、ドイツ側から描いた作品で、しかも使われるのはドイツ語ではなく英語だった。最初はそれに違和感を覚えるが、しかし慣れてくると物語に引き込まれてゆく。

そして戦時下のラブロマンスに酔いしれていると予期しなかったラストシーンに呆然となる。

サーク監督作品の「天はすべて許し給う」「悲しみは空の彼方に」ではメロドラマと重なるように人種差別や同性愛への問題が取り上げられていた。

 

この映画も甘いラブロマンスであり、反戦映画でもあった。ナチスから逃れ、亡命してきたサーク監督の思いが込められていた。ラストシーンの衝撃がこの映画を心に残る作品にしていた。