自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

時の過ぎゆくままに

2017年、アメリカ、デヴィッド・ロウリー監督

 

妻と夫の会話から物語は始まる。妻が「子どもの頃、引っ越しが多かったわ、メモを書いてそれを小さく折りたたんで隠した。そうすればいつか戻って来た時に、昔の私に会える」と言う。「どんなことを書いたの」「ちょっとした詩・・思い出など」「戻ったことはある?」「ないわ」

f:id:hnhisa24:20200404091255j:plain

郊外の一軒家で幸せに暮らす若い夫婦、その家では時々、変な音がする。ある日、夫が交通事故で死んでしまう。妻は病院で夫の遺体を確認する。そして悲しみでシーツを遺体にかぶせ去ってゆく。

しばらく経つと、遺体はシーツをかぶり、幽霊となって病院を離れ、家に戻ってゆく。誰にも幽霊の姿は見えない。

家でもう一人の幽霊とテレパシーで会話する「ここで人を待っているの」「誰を?」「覚えていない」家が取り壊されると「もうこないかも」とその幽霊は消滅する。

f:id:hnhisa24:20200404091317j:plain

妻が壁の隙間にメモを隠して家を去った後も幽霊は、その家を離れる事が出来ない。

別の家族が越してくる。物理法則の世界では人類は必ず絶滅すると強い口調で話す男。では生きる意味はどこにあるのか。誰も分からない。

 

やがて幽霊は家のあった土地の未来、過去を旅する。そして妻が去ろうとしている家に戻り、妻の隠したメモを読む。その瞬間、幽霊は消滅する。妻はもう戻ってこない。

繋がりのない夢かうつつか分からない出来事が次々と起こる・・これが幽霊の世界なのか。だとすると幽霊は怖いものではなく、生きている人間より哀しくて切ない生き物だ。

 

ファンタスティックでユーモアがあって、センスの良さを感じさせる映画だった。

わたしの「青い山脈」

♪若く明るい 歌声に・・♪

私もほんの数回しか見たことがないが、とても晴れた日、ごくまれに六甲山系が青く霞んで見える時がある。だから私は六甲山系が「青い山脈」だと思っている。

 

六甲山系の摩耶山から海の彼方を見ると、淡路島や大阪や和歌山が近くに見える。太古の人にとって和歌山は陸路を行けば遥か遠い土地だが、海路ではすぐ近くに見えて、きっと丸木舟で渡ったに違いない。

地図という概念がなかった時代、距離感覚は今とはずいぶん違っていただろう。

f:id:hnhisa24:20200401091345j:plain

今は膝を痛めて山道を歩くのは難しいが、若いころから六甲は大好きな山だった。新神戸、六甲道、御影、岡本、宝塚・・どこから登ってもいいと思う。

神戸電鉄菊水山駅から阪急宝塚駅までの六甲縦走(約40㎞)にチャレンジしてみるのもいいが、山道の40㎞は相当キツイ。

 

一般的なルートは阪急芦屋川駅からロックガーデン、風吹岩、雨ヶ峠、本庄橋跡、一軒茶屋、六甲山頂、住吉道(魚屋道)を通って、湯の町有馬に至るというものだ。情緒ある町並み、金泉、銀泉で汗を流しオープンバーで友人と飲むビールは気分爽快で最高だ。写真は当時、何度か訪れたことのあるオープンバーだが、今もまだあるのだろうか。 

f:id:hnhisa24:20200401091417j:plain

帰りはバスで山頂をこえて芦屋川駅にでるか、蓬莱峡を経て宝塚駅に向かうかだ。蓬莱峡は奇景で有名な峡谷で黒澤明監督作品「隠し砦の三悪人」のロケ地になった。

 いつまで続くのだろうと思って、険しい山道を登っていると突然、視界が開け美しい風景があらわれてくる。

 

コロナウィルスで誰もが「いつまで続くのだろうと思って」いるが、突然、視界が開け美しい風景があらわれる。少し楽観的なぐらいでちょうどいい。

真夜中のゆりかご 2014年

 

二度目のチャンスとは

デンマーク スサンネ・ビア監督

 刑事のアンドレアスとシモンはジャンキー夫婦の部屋にヤクの捜査で踏み込む。浴室で糞尿にまみれになっていた赤ちゃんを見つけ保護する。しかし赤ちゃんの健康は良好でジャンキー夫婦は釈放される。

f:id:hnhisa24:20200329091924j:plain

アンドレアス刑事と妻アナにも生まれたばかりの赤ちゃんがいたが、なぜか夜泣きがひどくて交替で寝付かせるようにしていた。ところがある日、その赤ちゃんが死んでしまう。妻は突然、狂乱状態になり、救急車を呼んだら自殺するという。

思いあまってアンドレアスはジャンキー夫婦の赤ちゃんとすり替えてしまう。

アンドレアスが赤ちゃんをすり替えて帰ってくると、アナは「完全犯罪なの」「いやクズ夫婦は子どもを殺す、それが犯罪だ」「うまくやれるわ」でもアナの精神は不安定だった。

f:id:hnhisa24:20200329092002j:plain

一方、ジャンキーの夫トリスタンは赤ちゃんが死んでいるのに気づき、殺したと疑われるのを怖れて、誘拐事件をでっち上げ、遺体を森の中に埋めてしまう。妻のサネは自分の赤ちゃんではないと言い張るが夫は信じない。

サネは「私は育児ができない悪い母親かもしれないが、虐待なんかしない」そして「私の赤ちゃんは死んでいない」とアンドレアス刑事に訴える。

 

やがて遺体を掘り起こし司法解剖すると驚愕の真相がわかる。その時、この物語はすべてが裏返ってしまう。いたるところに伏線が貼られていたことにやっと気づく。

 

赤ちゃんへの愛情と虐待、この狭間で揺れる母親の心の闇を、ビア監督はサスペンスタッチで描いた。

一筋の光がさすラストシーンはベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」を思いださせた。