自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

善き人のためのソナタ 2006年

一級品のサスペンス劇

2006年、ドイツ、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督

 1984年、東ベルリン、国家保安省(シュタージ)のヴィースラーが大学で学生たちに、尋問と自白についての講義をしている。自由のない監視国家の底冷えのするような恐怖。

シュタージは10万人の職員と20万人の密告者で国民を監視していた。

 f:id:hnhisa24:20190919082753j:plain

ヴィースラー大尉は上司のアントン部長から劇作家ドライマン監視の命令をうける。ドライマンとその仲間たちは反体制的であるとの疑惑をかけられていた。ヴィースラーの執拗な盗聴がはじまる。

 ヴィ―スラーは国家に忠誠を誓う冷徹な男だったが、ドライマンの生活を盗聴しているうちに愛と音楽に惹かれ、感情が揺れ動いてゆく。ヴィ―スラーは 薄暗く寂れたバーでひとり酒を飲み、冷え冷えとした部屋で娼婦を抱き、家族もなく、愛する人も、彼を愛する人もいない孤独な男だった。

 f:id:hnhisa24:20190919082837j:plain

ドライマンは自分が盗聴され監視されている事にまったく気づいていなかった。仲間たちとの秘密の会話はヴィ―スラーに筒抜けだった。

ベルリンの壁が崩壊した1989年、ドライマンは盗聴され監視されていたことを初めて知る。それなのになぜ逮捕されなかったのか。彼は思いもよらなかった真相に驚愕する。

 ヴィ―スラーの行動がシュタージの隙をついて国家権力に風穴を開けた。わずかな風穴から権力は崩壊してゆくものだ。

 

すべてを失ったヴィ―スラーが得たものは一冊の本だった。彼はその本を手に取りふっと笑う。初めて見せた彼のその微笑は魅力的だった。

邂逅(めぐりあい)1939年

天国にいちばん近い場所

1939年、アメリカ、モノクロ、レオ・マッケリー監督

 1957年にケーリー・グラント、デボラ・カー、1994年にはウォーレン・ベイテイ、アネット・ベニングで「めぐり逢い」としてリメイクされている。今では誰もが知っている古典的なラブストーリーだが、オリジナル版の「邂逅」がいちばん記憶に残っている。

 

 プレイボーイのミシェルはヨーロッパからアメリカに向かう船中で美人歌手のテリーと知りあう。それぞれに恋人はいたが二人は愛し合い、半年後の7月1日にエンパイアステートビル102階の展望台で会う約束をする。

 f:id:hnhisa24:20190916082500j:plain

しかし約束の日、エンパイアステートビルの前でテリーは交通事故にあう。ミシェルは待ち続けるが彼女はやってこない。

 時は流れ、テリーは車いすの生活になり、ミシェルは画家として成功していた。クリスマスイブに二人は偶然、コンサートで出会うが驚きのあまりお互いに声をかけあう事ができず、言えたのは「こんばんは」だけだった。

f:id:hnhisa24:20190916082545j:plain

クリスマスの日、ミシェルは別れの挨拶と祖母の形見のショールをテリーに渡すために、彼女の部屋を訪ねる。すっぽかされた男の嫌みと真実を明かせない女の哀しみが交錯する。

 帰り際、ミシェルは彼女がずっとソファに座ったままだった事を不審におもって奥の部屋に入ると・・・。

舞台劇のような息詰まるシーンがこの映画のもっとも秀逸なところだった。

 

涙ながらテリーは交通事故にあったことを初めて話しだす。

「つい上を見上げていたの・・天国にいちばん近い場所、そこにあなたがいる」

ブラインド・マッサージ 2014年

生まれてみたけれど何も見えない

2014年、中国、フランス、ロウ・イエ監督

 南京にはネオン華やか夜と風俗店があり、風俗嬢も借金を取り立てるヤクザもいた。これが中国の「現在」かもしれない。

南京のマッサージ治療院で働く盲目の男女マッサージ師たちの恋愛模様を描いた群像劇。

f:id:hnhisa24:20190913085447j:plain
芸術作でも娯楽作でも社会派でも感動作でもドキュメンタリーでもなく、重苦しい作品でもないが、ある意味、衝撃的な映画だと言えるだろう。しかも視覚障害者たちの物語でありながら、彼らはこの映画を観ることができない。ただ音声から想像するだけだ。

 

抑えきれない性の欲望、人との肉体的な接触、失われた視覚への苛立ち、自分一人では生きることができない不安、「美」というものを見る事ができないもどかしさ、そして彼らの涙の理由はみんな違うけど泣きたい気持ちは同じだった。でも「生と性」への執着は健常者と変わらなかった。

 f:id:hnhisa24:20190913085526j:plain

先天的に全盲の人、子供の頃に視力を失った人、徐々に視力を失いつつある人、などそれぞれの境遇は違っていた。彼らに利害や妬みや諍いはあるが、障害者としてお互いに助けあう気持ちだけはもっていた。しかし彼らの暮らしは不安定なものだった。

 

盲目のマッサージ師たちの姿を見ていると「わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして」いる自分がすこしばかり恥ずかしくなる。