自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

グッドライアー 偽りのゲーム

いつだって未来に乾杯

2019年、アメリカ ビル・コンドン監督

英国の名優二人、ヘレン・ミレンイアン・マッケランの繊細な演技で、まるで芳醇なワインのような味わいだった。

 

2009年のロンドン、老詐欺師のロイはインターネットの出会い系サイトで資産家の未亡人ベティと知り合う。もちろん狙いはベティの300万ポンドに近い財産だった。ベティは出会った時からなぜかロイを信頼し、一緒に暮らすようになる。

ロイはいかにも人のよさそうな老紳士だったが、チャリング・クロス駅では平然と男を殺す冷酷な男だった。

f:id:hnhisa24:20210622083111j:plain

しかしベティも孫のスティーブンと組んで何か企んでいるようだった。やがて私たちはロイもベティも詐欺師であり、これは「ライアーゲーム」だと気づく。銀のアウディに乗った謎の男がその様子を監視していた。

 

ところが物語が1943年のベルリンの回想シーンになると、これは当時のナチスドイツ時代に起こった痛ましい事件と関係のあることが分かる。

結末はある程度、予測はつくがそれでもクライムミステリーの面白さいっぱいの快作だった。

f:id:hnhisa24:20210622083146j:plain

パスワードを6文字の「lilies」と決め、ロイとベティは共同投資の口座をつくり、それを祝ってシャンパンで乾杯しようとする。ロイは計画通りに事がはこび満足だった。「何に乾杯しようか」とロイ、「いつだって未来に乾杯すべきよ」とベティは答える。

 

これは未来を信じて長い年月を生き抜いてきたドイツ女性「リリー」の復讐物語だった。

美空ひばりと沢木耕太郎

有名であれ 無名であれ「秋のテープ」

沢木はラジオのインタビュー番組で、高倉健とは「北海道の牧場」で吉永小百合とは「「修善寺の温泉宿」中島みゆきとは「新宿のうどん屋」・・そして美空ひばりとは「赤坂プリンスホテル」で対談が行われた(84年3月)

その席で美空ひばりは快活で楽しそうにしゃべり続け、軽い調子で歌をうたってくれた。

f:id:hnhisa24:20210619085115j:plain

89年にひばりが亡くなり、90年12月号「月刊カドカワ」に沢木は対談のテープを聴きながら語っている。

 ひばりは岡林信康黒田征太郎たちと新宿のゴールデン街で飲んだことを懐かしく語りだす。「彼女にとっては宝物のような思い出になっているのかもしれない」と沢木。

f:id:hnhisa24:20210619085442j:plain

そしてひばり宅に泉谷しげる岡林信康が泊まったことについて「3人枕を並べて寝たの・・私は端っこに寝たの・・わたし岡林信康と手をつないで寝たのよ」修学旅行のようだった。

「こういうことをいっぱいしたかったわね。沢木さんにさらっと話せるようなことをね」

 「この夜のことを、・・これまでの人生で最も貴重な出来事だったというに近い感動を込めて語らなければならない、美空ひばりという人の寂しさを、痛ましいな、と私は思った。この時、初めて美空ひばりが私にとって何者かになった」と沢木は書いている。

 

対談後、美空ひばりは「今度また会いたいわね・・元気になったら一緒にお酒を呑んでね」と言った。

 

「肺結核で末弟を失い、さらにその翌年には両側大腿骨頭壊死で入院を余儀なくされた。昭和六十三年には東京ドームで奇跡の復活を成し遂げる。しかし、その一年後には順天堂大学病院に入院し、ついに退院することはかなわなかった」

享年52歳。

 

美空ひばりのことをほとんど知らなかったが、なんだか少し身近になったような気がした。

ザ・カプセル 英米ソ・大攻防戦

妄想というか、ホラ話というか

2015年、イギリス、アンドリュー・マーティン監督

世界初の宇宙飛行士は1961年のソ連ガガーリンだと言われるが、冷戦下の1959年、イギリスのガイ・テイラー中佐が世界初の宇宙飛行士だった・・というお話。

f:id:hnhisa24:20210616082826j:plain

アメリカとソ連の宇宙開発が熾烈になっていた時代、イギリスが秘密裏に有人宇宙飛行を成功させるが、宇宙船(カプセル)のトラブルで地球に帰還できなくなる。酸素も燃料もあとわずかだった。イギリスとの通信も途絶えてしまう。

 

その時、謎の言葉での通信が入る。それはロシア語だった。ソ連上空を飛んでいるのですぐに立ち去らなければ、撃墜するという。

f:id:hnhisa24:20210616082911j:plain

そのうち、ソ連との通信も途絶えて、今度は英語の通信が入る。アメリカのCIAだった。アメリカのヒューストンの指示に従ってやっと地球に帰還できることになる。

再びイギリスとの通信が復旧して「今までいったい誰と通信していたのだ」とテイラー中佐は訊かれる。言葉は英語だったが通信相手はアメリカではなかったのだ。

 

1993年、カプセルとテイラー中佐は行方不明のままだった。

 

ほとんどがカプセル内の慌てふためくテイラー中佐のシーンだけだった。終盤になって信じられないような展開になる。ここから面白くなると思った途端、映画は終わった。

 なるほど劇場未公開の理由は分かった。それでも後悔はしなかった。つまりたった一つのアイディアが気に入ったからだ。

 

ちなみにこの映画の謳い文句は「国際映画祭17部門制覇、11部門ノミネート」だった。