自由に気ままにシネマライフ

映画に関する短いエッセイとその他

祇園囃子 1953年

千年の古都に生きる女たち

日本 溝口健二監督

田舎には美しい自然がある。町にはなにがあるのだろうか。町の魅力は路地だと思う。路地には人々の歓びや哀しみがあふれている。狭い路地をさまよっていると人の息吹を感じ、どこか懐かしい気分になる。

その路地からこの物語は始まる。

f:id:hnhisa24:20200922085020j:plain

京都、祇園の路地で16歳の娘栄子が売れっ子芸者の美代春の家を訪ね歩いていた。栄子はかつて芸者だった母を亡くし、父は商売に失敗し、中風で体が不自由になっていた。どこにも行くところがなかった。

舞妓になりたくて美代春を訪ねたのだ。特定の旦那をもっていなかった美代春は裕福ではなかったが話を聞いて栄子に三味線や踊りを仕込み、一人前の舞妓に育てあげようとする。

f:id:hnhisa24:20200922085122j:plain

一年後、素質のあった栄子は美代春の妹分、美代栄としてお座敷にでることになる。美代春はその着物や帯を用意するためにお茶屋の女将お君から多額の借金をする。そのために義理に縛られてお君の頼みを断れなくなり、二人はつらい状況に追い込まれる。

しかし美代春は思い切りよく「清濁併せ吞む」ことで道を切り開いてゆく。

 

身寄りのない美代春は同じ境遇の美代栄に「他人とは思っていない、親身に考えている」と話し、二人は姉妹のように生きてゆく。

 

祇園祭の日、二人は「よろしゅう、お頼み申します」と、周りの人に頭を下げながらお座敷に向かう。どこからともなく三味線、笛、太鼓、鉦の音が聴こえてくる。祇園囃子が二人を祝福しているようだ。

f:id:hnhisa24:20200922085144j:plain

今の時代からみれば何もかもが古臭く見えるかもしれないが、ここには今の時代にも通じる幸せを願いながら生きる女たちがいる。溝口監督の作品はいつも「大人の映画」の味わいを持っている。

コールド・キラー 2017年

闘う女性の映画には爽快感がある

ドイツ、オーストリア、ステファン・ルツォヴィツキー監督

ルツォヴィッキー監督には「ヒトラーの贋札」という見事な作品がある。だから期待感をもって鑑賞した。

 

オーストリアからの移民女性エズゲはウィーンで夜はタクシードライバーとして働き、昼はムエタイのトレーニングに励んでいた。エズゲは寡黙で笑う事もなく、実に不愛想な女だった。過去、父親との間にわだかまりがあり不仲で実家にも寄り付かなかった。

f:id:hnhisa24:20200919085031j:plain

ある夜、部屋から娼婦が殺される現場を見てしまう。犯人は娼婦の皮を剥ぎ、口に高温の油を注いで殺すという残虐なイスラムの狂信的サイコキラーだった。

エズゲは警察に保護を求めるが彼女には前科があり取り合ってもらえなかった。そのうちにサイコキラーはエズゲと間違って従姉妹を殺してしまう。間違いに気づいたサイコキラーはやがてエズゲの命を執拗に狙ってくるが、エズゲは男勝りのムエタイで抵抗する。

f:id:hnhisa24:20200919085057j:plain

最近のヨーロッパ映画には不法移民やネオナチがよく登場する。移民がヨーロッパ社会にとっては深刻な問題になっている。そしてドイツ映画独特の深い陰影の映像がヨーロッパの二つの顔、豊かで明るい昼と闇に包まれ暗く沈んだ夜を表現していた。

 

この映画は移民問題を正面から取り上げたものではないが、それでも物語の背景には移民や老人介護といったヨーロッパの切実な悩みが描かれ、社会性をおびた異色のクライムサスペンスに仕上がっていた。移民という暗雲がヨーロッパを覆っている。

 日本未公開だったが意外と面白い映画で「拾い物」の一本だった。

映画の中のエリザベス1世と2世

「ブーリン家の姉妹」ジャスティン・チャドウィック監督

イングランド国王ヘンリー8世(1491~1547)の結婚、世継ぎ問題を背景に、アン・ブーリンとその妹メアリーが辿る愛憎渦巻く数奇な運命を描く歴史劇。

ヘンリー8世と結婚したアン・ブーリンは後に処刑される。望んだ息子は生まれず、生まれたのは娘だった。しかしその娘が後のエリザベス1世となる。すさまじい貴族たちの権力抗争と女同士の愛憎が印象的だった。ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソンが美しい。

f:id:hnhisa24:20200916091753j:plain

「エリザベス」シェーカル・カブール監督

16世紀のイングランドカトリックを捨て、英国国教会を打ち立てたことで国内外に新旧の宗教抗争がくすぶっていた。アン・ブーリンの娘エリザベスはカトリックの異母姉メアリー女王にロンドン塔に幽閉されてしまう。ところがメアリーが病死して、25歳でイングランド女王、エリザベス1世(1533~1603)として即位する。

血みどろの王位継承や権謀術数の時代だったがエリザベスはそれを果敢に乗り越えてゆく。エリザベス役のケイト・ブランシェットが新鮮だった。

f:id:hnhisa24:20200916091823j:plain

「エリザベス ゴールデン・エイジ」シェーカル・カブール監督

カトリック列強国やバチカンは、アン・ブーリンの娘であるエリザベスを私生児と見做して王として認めようとはしなかった。スペイン国王フェリペ2世はイングランドを征服しようと狙っていた。スコットランド女王メアリー・スチュアートカトリックということもあって、イングランドの王位を巡って様々な思惑が渦巻いていた。

新大陸(アメリカ)や世界の海を旅してきたウォルター・ローリーの自由な生活と魂にエリザベスは惹かれていく。やがて世界最強のスペイン艦隊とのアルマダの海戦に国の命運をかける。

f:id:hnhisa24:20200916091846j:plain

英国王のスピーチ」トム・フーバー監督

1936年1月、ジョージ5世が崩御し、デイヴィッド王子が「エドワード8世」として国王に即位する。しかし、彼が結婚を望んでいた女性シンプソン夫人はアメリカ人で、離婚歴があるだけでなく2番目の夫といまだ婚姻関係にあった。エドワード8世は、シンプソン夫人との結婚を諦めきれず、即位して1年も満たぬうちに退位し、アルバート王子がジョージ6世(1895~1952)として即位する。

ジョージ6世は吃音だったがナチスドイツのとの戦争に国民の協力を求める歴史的な名演説をする。このジョージ6世の長女が現在のエリザベス2世(1926~)

f:id:hnhisa24:20200916091912j:plain

「クィーン」スティーヴン・フリアーズ監督

1997年5月、総選挙で労働党が勝利し、トニー・ブレアが首相に就任する。その年の8月31日、ダイアナ元皇太妃がパリで事故死する。エリザベス2世は、ダイアナについて「既に王室を去った人間」と見なしており、これは国事ではなく私的な出来事であるとした。

しかし国民の反発が強まってゆく中、ブレア首相はエリザベス女王にダイアナの死を悼む言葉を表明するよう求めた。英国王室も国民感情を無視できなかった。

エリザベス女王役のヘレン・ミレンの気品と威厳あふれた演技はさすがだった。